HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年7月

ブログ : 2019年7月

ブラジルの高級ランジェリー「HOPE」の取り扱いを開始しました!

こんにちは、くみこです!
今年の夏は遅いスタートですね~。
しかしながら梅雨らしくムシムシじとっとした昨今、サロンには旅行に行く方、サマーランドなどのプールに行く方などでブラジリアンワックス、シュガーリングともににぎわっておりますニコニコ
 
さてさて、今回は私が実際に見て履いて、一瞬で虜になってしまった下着をご紹介しまーすラブラブ
 
ブラジルの下着メーカー「HOPE」のショーツです!!!
これ知ってる人いたらかなりのブラジル通。
 
HOPEは日本で言うとワコールのような、ブラジルでは老舗の誰もが知る高級下着メーカー。
日本ではそんなにまだ大々的にセールスしていないんですが、かくいう私もついこの間知ったばかりなんですが。
 
ブラジルっていうとカラフルで縫製が雑でなんか奇抜なデザインなのかなって思うでしょ? え? 思わない?
 

 

 

 
HOPEはさすが高級ランジェリー!!
デザインも上品だし、なにより生地がめっちゃくちゃさわり心地よすぎてパンティーに頬ずり酔っ払いしたくなりますよデレデレハート

 

 

↑私が買って一番気に入った
TOUCHスーパーマイクロファイバーシリーズ
後ろはTバックじゃなくてビキニタイプなので、お尻にくいこまないのにラインが響かない!
伸びもいいしお尻がキュッとして脚長に見えて、ヘルシーな後ろ姿に我ながらうっとりすること間違いなし!!!デレデレ

 

 

今までの売れ筋のハンキーパンキーはかなりローライズで後ろの布が小さかったのですが、今回仕入れたHOPEのショーツは全て「ビキニショーツ」というTバックタイプじゃないのにしました。
 
ハンキーパンキーのようなセクシーショーツももちろんいいのですが、今はローライズよりももう少し股上が深いのが気分で、しかもブラジリアンカットのいやらしすぎないのがとってもお気に入りです。
 
さ・ら・に!!
HOPEのショーツはデリケートゾーンのPHを弱酸性に保つ、お肌に優しい抗菌作用が施されているんです!!!!
 
これって、直接陰部がショーツに密着するブラジリアンワックスとかブラジリアンシュガーリングしたあとに絶対履くべきショーツですよね!!!ポーン(うるさい)
 
 
さて、興奮も最高潮に達したところで、今回入荷したショーツの一部をご紹介しますねイエローハート
S・Mサイズ/2000円+税
 

まずは先ほども紹介したTOUCHシリーズ。

この霜降りっぽい感じがカジュアルでちょっと抜けたシャレ感で健康的で、めちゃくちゃタイプですハート

 


履くとこんな感じ!

お尻は隠れつつ絶妙な範囲が出ているので、アウターにも響きにくい!!

普段使いに気兼ねなく使えるショーツですキラキラ

 

 
S・Mサイズ/2500円+税
 
こちらはデリケートなストレッチレースをフルで使った、フェミニンな印象のHAPPYシリーズ。

こちらも今回はTバックではなくビキニタイプなので、「Tバックはお尻に食い込むのが嫌なのよね~」なんていう方にもぜひお勧めしたいです!ハート

 

 

なんといっても、

この品質でこの価格!?

なとこがHOPEショーツの最強のポイントです。

 

私、早速家の古い下着をHOPEで入れ替えしました。

下着って切れたりしないからついつい履き続けちゃうけど、改めてみたら「こんなの履いてたの…?アセアセ」みたいなズタボロな下着がいっぱい出てきました。笑

 

下着姿って、別に誰にでも見せるわけじゃないし、下着姿で歩くわけじゃないから履ければなんでもいいんじゃない? って人もいるかもしれませんが、私は素敵な下着を身に着けているという事実で背筋が伸びてちょっと自分が好きになったり、ご機嫌になったりするので、下着は自分が好きなものを気分良く身に着けたいな、と思う派です。

 

ましてやブラジリアンワックスやシュガーリングでキレイになったあと、使い古した毛がはみ出ない大きいパンツじゃなくて、毛を気にしなくていい可愛い下着を身に着けたい。

 

そんな気分のときに絶対お勧めしたい下着が、このHOPEのショーツでした。

今回取り扱いできたことを大変嬉しく思います。

皆様にも、ぜひ履いていい気分になっていただきたいですキラキライエローハーツ


シュガーリングはメーカーやブランドに頼れません

ただいまシュガーリングしながら毛を減らしたい、という方のための
「ブラジリアンシュガーリング+光減毛セット」がお得ですheart04
期間限定特別価格! キャンペーンは2019年7月末までです。
ご予約はこちらからshine




シュガーリングの知名度が上がってきて、国内外のワックスブランドやメーカーからシュガーリングのプロダクツを販売するところが増えてきました。

ワックスの場合は、アレルギー物質となるロジンを入れない、とか、低温で使用できる、とか、ワックスのデメリットを補うべくメーカーが趣向を凝らしており、どのワックスを使っているのか、というのが顧客にとっても指標のひとつとなっていました。

しかし、シュガーリングの場合はそうはいきません。

確かに海外のシュガーリングプロダクツのなかには、可愛いパッケージやプレ&アフターローションなどが充実していて、使ってみたいなぁと技術者が思うことはありますが、シュガーペーストに関してはどのメーカーの物を使っていても顧客の指標になることはあまりないでしょう。

細かく言えば、レモンエキスが入っていないシュガーペーストや、ラベンダーオイルが入っていたりするシュガーペーストも世界にはあるので、そういうのがいいという人は現れるかもしれませんが、基本的にはシュガーペーストは砂糖を水で煮詰めたもので、そこにレモンエキスが入っているくらいがほとんどです。

砂糖にも色々と種類があるのでこちらも一概には言えませんが、基本的には同じです。

シュガーリングで重要なのはペーストの種類やブランドではなく、使用する地域の湿度や室温、技術者の手の温度や顧客の肌の温度、毛質などからどの硬さのシュガーペーストをどう使うのか瞬時に判断できる技術者の経験と能力なのです。


シュガーリングは砂糖を水で煮詰めたペーストで脱毛し、脱毛後は水で拭けば綺麗に肌から払拭することが出来る、というナチュラルでシンプルなところが魅力だと思っています。
グアパワックスでは、施術前は強酸性水とコーンスターチで処理し、シュガーリング後はローズウォーター(ローズの蒸留水)で拭き取りながらケアして終わりです。

ワックスは、メーカーが頑張って開発してくれた「技術者にとっては使いやすく、かつ顧客の肌も考えられた」ワックスを選べば、ある程度うまく出来るようになったでしょう。
シュガーリングは、メーカーが頑張って開発してくれたシュガーペーストを使っても、(特に日本の)夏と冬ではペーストの具合がまるで違うため、どう扱えばいいのかという知識が必要になってきます。

とか偉そうに言ってますが私も始めたころはそりゃ〜梅雨にはベタベタにくっついて困ったし、冬の寒い時期にもペーストが固すぎて苦戦したり、今のようにうまくシュガーリングできてなかったわけですが。

だからこそ、経験を積んだ今言いたい。
シュガーリング技術者は良質なシュガーペーストを追い求めるのと同じくらい、自身の技術力や知識も追い求めてほしい。
1年、2年、3年と毎年上手になって、お客様に「シュガーリングっていいよね!」と思わせてほしい。

グアパワックスは2017年にシュガーリングサービスを提供してから、ありがたいことにたくさんのお客様にシュガーリングを施術させていただき、年々技術が向上しています。

グアパワックスは今後も、豊富な知識と技術力で、良質なシュガーリングサービスを良質な価格で提供しつづけます。
どうぞお気軽にグアパワックスへお越しくださいませshine

1

« 2019年6月 | メインページ | アーカイブ