HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年2月

ブログ : 2019年2月

シュガーリングはどのサロンでやっても同じではありません



こんにちは!

くみこです。

 

シュガーリングの知名度が上がり、シュガーリングを提供するサロンが少しずつ増えてきています。

シュガーリングを求めるお客様の選択肢が増えるのはいいことですが、サロンが増えていくと問題も出てきます。

 

ブラジリアンワックスでもそうですが、シュガーリングは人がやる技術ですので、ロボットがやるように誰がやっても同じように仕上がるわけではありません。

 

 

「シュガーリングはブラジリアンワックスより肌に優しい」といつも口すっぱく言っていますが、これは正しくシュガーリングがなされた場合のみです。

 

たとえシュガーリングが「砂糖が主成分の優しい脱毛剤」としても、使い方を誤れば肌を引っ張ってしまい肌に優しい脱毛なんかじゃなくなります

 

間違ったやり方で起こりえるトラブルは以下のとおりです。

●内出血

●表皮剥離

●切れ毛

 

上記の問題は全て「その人に合ったシュガーペーストでなかった」「その人の毛質を見極められなかった」「そもそもやり方が間違っている」など、技術者の未熟さが原因です。

 

シュガーリングは日本ではなく海外で生まれた脱毛法なので、その国のやり方のままでやっても日本ではうまく出来ません。

シュガーペーストは施術する場所の温度や湿度はもちろん、技術者の手の温度やお客様の体温でも細かく変化するからです。

 

仮にカリフォルニアで作られたシュガーペーストがあったとして、冬は極寒・夏は高温多湿な日本で使うとなると同じ質感でないのは想像できますよね?

さらに日本人の毛質も白人や黒人と異なるため、他の国でのシュガーリングは参考程度でしかない場合がほとんどです。

 

 

2017年から日本でシュガーリングを提供しはじめたグアパワックスでは、日本人に対して多くのシュガーリングを施術しています。

よくyoutubeなどで海外のサロンがシュガーリング動画をあげていますが、同じ手法でやっても日本人の硬くて太い、直毛のアンダーヘアをシュガーリングするのは容易ではないでしょう。

 

他店でのシュガーリングに疑問を感じた方は、一度グアパワックスにお越しください。

「他のお店でやったときよりいいです!」

と言って頂けることもあります。

 

 

今まではシュガーリングを提供しているサロンが少なかったので、シュガーリングはシュガーリングでしかありませんでしたが、サロンが増えると下手な技術者が増えるので、本来の肌に優しいシュガーリングに巡り合えない場合も今後は増えてくるでしょう

シュガーリングも、ブラジリアンワックスと同じくそういう時代に入ってきているのだなぁ、と痛感します。

 

グアパワックスはいち早くシュガーリングを取り入れ、た正しい知識と技術を持ったサロンです。

初めてのシュガーリングは、ぜひグアパワックスへお越しくださいませきらきら!!


1

« 2019年1月 | メインページ | アーカイブ