HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年9月

ブログ : 2019年9月

光減毛機械修理完了&お得な光セット用意しました♪



先日、光減毛の機械が故障してしまいまして、施術をご希望のお客様には大変ご迷惑をおかけしてしまいましたsweat01

シュガーリングやブラジリアンワックスのあと、光を当てたかったお客様にお詫びとして

通常価格よりお得な価格を期間限定でご用意しました♡shine

ウェブ予約から「【光減毛機械修理完了クーポン♪】肌に優しく毛を減らしたい♪女性ブラジリアンワックス(VIOワックス)&光減毛 15120円→14040円」をお選びください♪
ブラジリアンワックスでなく、シュガーリングをご希望の場合はオプションからシュガーリングをお選びください。
リピーターの方もお久しぶりの方もお得な価格になっています♪

また、火曜日はシュガーリングだけでもかなりお得です!
なんと全部位30%オフ!!!
背中のシュガーリングなら上部6000円が4200円+税に、2ヶ月以内のブラジリアンシュガーリングリピートなら4200円+税、1ヶ月以内のリピートなら、なんと3850円+税でシュガーリングが受けられちゃいます♡

まだまだ経験の浅いシュガーリストの施術ですが、先輩シュガーリストが確認しながら施術を進めていきますので、トラブルの心配もありません♪
火曜日の少ない時間ですので、時間が合えばラッキー♪
ウェブ予約から「【火曜日限定スペシャル!】ジュニアスタッフによる女性ボディシュガーリング全部位30%OFF! 」を選択し、オプションからお好きな部位をお選びください!
当日表示価格から30%引きとなります

これから脚や脇など露出を控えて毛を伸ばせる時期になります。
カミソリ処理をおやすみして、何度かシュガーリング脱毛にしておけば、肌トラブルも減るし肌のザラザラ感もかなり解消されます!
この機会に、お得にシュガーリングをお試しくださいheart01shine

誰のための脱毛? 時代は「自分のために脱毛をやめる」

グアパワックスにシュガーリングがやってきて早2年。

ブラジリアンワックスは、なんともう9年目。

これだけやってると、施術しながら時代の流れが読めてくるもんです。

 

私はシュガーリングだけでなく、ブラジリアンワックスも、自分のためにやってもいいし、彼氏やパートナーのためにやってもいいし、嫌ならやらなくてもいい、と唱え続けてきました。

 

そして今、新しい感性は「自分のために、脱毛をやめる」時代にさしかかっています。

その名も、「Body Hair Pride」。

 

(とはいえ、脱毛することが皆無になるわけではなさそうですが)

VOGUEに面白い記事を見つけました。

 

「セクシー」は誰のため!? ジェネレーションZの回答。

 

ジェネレーションZは「Z世代」と言われている、自分らしくあることが一番美しい、と考える世代です。

性別や年齢などでくくらない、ジェンダーレスなスタイルも特徴的ですね。

 

今までファッションや美容は「流行」があって、今もあるのだけど、それに乗れていないと遅れてる、という時代でなくなっています。

むしろ誰もしていないスタイル、主張があることが求められている気がします。

 

この兆候は世界中で始まっています。

下着メーカーもファッションブランドも、ただ細くて手足の長いモデルを起用するだけでなく、ちょっとお腹が出ていたり、すきっ歯だったり、低身長だったり、私たちにより近い人物像を起用することでファンを獲得しています。

 

あのVictoria's Secretだって、今は私たちに親しみやすいモデルを起用しています(もちろん手の届かないようなスーパーモデルもいるのだけど)。

 

 

その延長線上に、「脱毛していることが美しいなんて誰が決めたの?」というスタイルがあります。

 

腋毛やすね毛、ましてやアンダーヘアを脱毛していることが、どこかで「誰かのための脱毛」になってしまって、それに息苦しさを感じた人たちが、ついに立ち上がったわけです(大げさ?)。

 

 

私は8年前にブラジリアンワックスサロンをオープンしてから、ずっと言い続けていることがあります。

 

それは、自分だけの「美しい」を見つけてほしい、ということ。

 

誰かが「これをすれば美しく見えるよ」とか、「こういう人が美人だよ」とか、そういうことを真に受けて美しさを目指すんじゃなくて、自分で自分を愛して、自分が納得のいく美しさを追求して欲しい。

 

そのリストに、たとえ「アンダーヘアの脱毛」がなくたって、あなたは十分美しい。

 

ただ、あなたが考えて、アンダーヘアがあることでかぶれてしまったり、ニオイが気になったり、鏡に写った下着姿に自信をなくしたりするから脱毛したい、というのであれば、私は喜んでお手伝いしたい。

 

(ちなみに、こんな記事もあります。「私たちの体毛は”恥“じゃない【クラーク志織のハロー!フェミニズム】」可愛いイラストが体毛を許してくれています)

 

先日、とある話で「男性は変化に気付かない」と言っていた女性がいたんですが、髪を切ったことに気付かなかった男友達に対して

「せっかく気付いてもらいたくて可愛くしてるのに、何も言ってくれないと寂しい気持ちになる!」

と言っていた女性がいて、むっちゃくちゃ可愛くて抱きしめたくなりました。

 

全方位に向けて美しくなりたくても、全然アリだよね。

私は全ての美しくありたい女性を応援しています。


1

« 2019年8月 | メインページ | アーカイブ