HOME > ブログ > 古典的で最先端!? シュガーリングという脱毛 > ブラジリアンワックスより痛くないシュガーリングサロンの見つけ方

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

ブラジリアンワックスより痛くないシュガーリングサロンの見つけ方

こんにちは、くみこです。

 

シュガーリングはブラジリアンワックスより痛くない!

 

なんて言われて流行ってるらしいシュガーリングですが、そんな痛くないシュガーリングサロンの見つけ方に言及する前に、2つほど言っておきたいことがあります。

 

まずひとつめは、

 

うちのブラジリアンワックスだって他店に比べたらだいぶ痛くないです。

 

まだブラジリアンワックスサロンが少なかったころから「(なるべく)痛くないブラジリアンワックス」を研究し続けて、今でも他店より痛くない、肌ダメージの極力少ないブラジリアンワックスを施術していると自負しています。

 

それでも、シュガーリングより温度の高いワックスは月に1度のケアとしてはちょっと角質ダメージが大きすぎるかな~、埋もれ毛できやすいかな~なんて思ってシュガーリングを導入してるわけですが。

 

なんか、シュガーリングしか知らない技術者に「ブラジリアンワックスより痛くない!」とかシュガーペーストメーカーの受け売りかなんかで声高に言われてるのを見ると、

 

おいおい、君ブラジリアンワックスの何知ってんの?笑い泣き

 

って心中あざ笑ってます(性悪です)。

 

あとあと、

 

あなたのシュガーリングでほんとにブラジリアンワックスより痛くないわけ???笑い泣き笑い泣き

 

って思ってます(重複しますが性悪です)。

 

 

もうひとつ。

 

シュガーリングがブラジリアンワックスより痛くないのはきちんとした技術で施術して初めて痛くないわけで、より痛いシュガーリングも存在します。

 

「シュガーリング」って砂糖と水を主原料としたシュガーペーストを使って脱毛すればなんでも「シュガーリング」とか「シュガー脱毛」とか「シュガーリング脱毛」とかなんとか呼べるわけですよ。

 

確かに脱毛剤自体はワックスより肌に優しくても、施術の仕方がどうしようもなければ全くいいメニューじゃないんです。

以前も言いましたが、下手なシュガーリングされるくらいならベテランの方にブラジリアンワックスやってもらったほうが100倍いいです

 

最近日本でもシュガーリングが流行ってきて、海外のシュガーペーストを輸入したメーカーが、買ってもらいたいからシュガーリング一日講習とかやってるみたいですけど。

 

メーカーはただ売りたいだけだから、買ってくれるほうの技術なんかうまくなくてもどーーーうだっていいんですよ

なんならメーカーだって上手な講師がいるとは限らない。

海外の講師呼んだって、日本人の毛質に詳しいわけじゃないからやっぱり参考にならないし。

 

日本には上手なシュガーリングを施術してくれる人、まだまだ少ないです。

そして当サロンは、その数少ないサロンの一つです(手前味噌)。



ちなみに「痛くないシュガーリング」じゃなくて、「ブラジリアンワックスより(は)痛くないシュガーリング」です。
肌に優しいという言葉が先走りしてて、毛が抜けないとか痛くないと思ってる人いますけど、しっかり抜けるし毛が抜ける最小限の痛みはあります。

なぜブラジリアンワックスより痛くないと言われているかというと、熱による肌ダメージが少ないので、施術後のヒリヒリ感や熱を持った感じが格段に少ないためです。


 

というわけでいよいよ本題(まだ本題言ってなかったの?)。

 

ブラジリアンワックスより痛くないシュガーリングサロンの見つけ方。

 

 

グアパワックスに来てください。

 




 

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

 

・・・・

 

 

嘘です。

 

真面目に答えます。


 

私が、今、日本でシュガーリングサロンを見つけようと思ったらまず見るところ。

 

1 ホームページや施術者のセンスがいいところ

2 常にブログやSNSで情報を発信、アップデートしているところ

3 どこかで見たことのある耳障りのいい言葉だけでなく、正しい知識を持っているところ

 

以上3つが揃ってれば、自分のお股を預けてもいいかなと思います(言い方)。

 

さっきは技術技術言ってたくせに、ホームページのセンスってなんやねん!?ムキーッ

と鼻息荒くしているお姉さんもいるかもしれませんが。

 

技術なんて行ってみないと分からないしなんなら行っても分からないこともあります。

(毛を抜かれるからやっぱりシュガーリングでも痛いし、その日の体調とか毛の密度で痛みも変わるし)

 

かといってシュガーペーストのメーカーで選んだって別にシュガーペーストに良い悪いってあんまりないし、結局技術力は見えません。

(余談ですが、シュガーペーストの使い勝手の良い悪いは技術者にとってはありますが、それをどう使うかが問題なのでお客様にとっては関係ありません)

 

私の独断と偏見ですが、シュガーリストやサロンの見た目のセンスって技術もそのセンスなんですよ。

それこそシュガーリングを選んだ理由とか、どこでシュガーリングの技術を習得するのかとか、どのシュガーペーストを使うのかとか、全てにその人のセンスが表れます。

もっというと、自分の好きなセンスの人の施術だったら、なんとなく許せちゃう。

信用度も高い。「この人なら満足な施術をしてくれる。」みたいな信用度。

 

自分が好きじゃないセンスのサロンは絶対行きません。

たとえ日本一のシュガーリストが在籍していようとも、終わったあと「これで…?」とか思っちゃいそう。

(もうハイパー上から目線なのは許してください)

 

あとは、自分の言葉で情報を発信しているサロン。

そういうサロンって結構職人気質の技術者が多くて、常に技術向上に力を注いでることが多いと思うので、これまた信用度高い。

 

シュガーリングを「ブラジリアンワックスより痛くない」とか「肌ダメージが少ない」とか言うのはいいんですけど、

 

 

じゃあ何がどうブラジリアンワックスよりいいの?

 

 

っていうシンプルな質問にちゃんと理由を説明できるサロンは信用できます。

 

 

ちなみに。

 

私がサロンで同じ質問されたら

 

 

「ん〜シュガーリングの方がお肌に優しいんで毎月定期的にやりたい、って人にはお勧めですが、別に半年に一回とか夏しか脱毛しない、って感じならブラジリアンワックスでもいいんじゃないですか〜?ニコニコ

 

 

って答えてます。

 

 

あれっ・・・・


 

全っ然詳しく説明してなかった滝汗!!!!

 

 

 

いや〜、こうやってブログであーだこーだ言うのはいいんだけど、実際サロンに来てブラジリアンワックスかシュガーリングかで悩んでる方には、公平に判断してほしいなと思ってしまう。

だってどっちがいいか聞かれてしまったら、どうしてもシュガーリングと答えてしまうから。

 

シュガーリング、お勧めはお勧めなんですが、ブラジリアンワックスが好きな人だっていると思うと、じゃあブラジリアンワックスを選ぶ理由って何かな〜と思ったら、上記の説明が当てはまったんです。


 

と、いうわけで。

もう一度おさらいです。

 

 ブラジリアンワックスより痛くないシュガーリングサロンの見つけ方 

 

1 ホームページや施術者のセンスがいいところ

2 常にブログやSNSで情報を発信、アップデートしているところ

3 どこかで見たことのある耳障りのいい言葉だけでなく、正しい知識を持っているところ

 

 

も・し・く・は。

 

グアパワックスにお越しください!

 

しつこい。

はいすいません。
 

でも本当に悩んだら、一度当サロンでシュガーリングしてください。

センスの合う合わないはあるにしても、常に国内外の情報のアップデートに取り組んでいる、正しいシュガーリングの知識、技術を持つサロンです。

それから、他店も行ってみてください。

そして、あなたのお気に入りのサロンをぜひ見つけてみてください。
 

シュガーリングは続けることで、必ず肌にいい結果をもたらす脱毛です。


 

みなさまにサロンでお会いできるのを、楽しみにしていますニコニコ乙女のトキメキ


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

レストランもサロンも選び方は一緒です

 
レストラン、いや、居酒屋やファーストフード、コンビニでもいいです。
 
あなたの選考基準はなんでしょうか?
 
味が一番?
接客が大事?
雰囲気重視?
広さ、値段、立地?
 
 
これって、シュガーリング(脱毛)サロンを選ぶ基準にも当てはまります
 
 
とりあえず私は、レストランに限らず飲食店は全て
 
接客がかなりの選ぶ割合を占めています
 
どんなに料理が美味しかろうと、立地がよかろうと、雰囲気がよかろうと有名店だろうと。
店員さんが不親切だったら、間違いなく二度と行きません。
頑固な大将がお客さんの所作から食べる時間から何から全て握ってて、こっちが大将のご機嫌を伺わなきゃいけない、みたいなのは果てしなく苦手です。
 
別に
「お客様は神様です!」
とか
「なんでも言うこと聞きます!!」
というのがほしいわけではなく。
 
なんと言ったらいいのか、難しそうでとっても単純でなのですが、
 
結局バランスがいいのがいい
 
というところです。
 
「気遣い」とか「おもてなし」とはちょっと違うんですよ。
気遣いとか、あまりやられすぎても居心地が悪いし。
かといって接客がめちゃくちゃ良くても、技術やら味やらがなんじゃこりゃ〜じゃ二度と行きたくないし。
 
バランスがいいところに、私は惹かれます。
飲食店だけじゃなく、美容院でもネイルサロンでもまつ毛エクステサロンでも、ブラジリアンワックスサロン、もちろんシュガーリングサロンでも。
私の場合は全ての店選びにおいて、「接客」は最重要課題です。
 
あなたは、どんな基準を持っていますか?
 
技術?
接客?
立地?
雰囲気?
料金?
 
今通っているサロンに、なんとなく違和感を感じたら。
 
ぜひ、一度グアパワックスへお越しくださいキラキラ

シュガーリングは短い毛が取れるからいい、というわけではありません


よくシュガーリングのメリットに
 
短い毛でも施術可能!
 
と書いてあることがありますが、
別に短い毛が取れることがいいわけではありません。
(それもいいですが)
 
ブラジリアンワックスだって、ちゃんとした技術があれば1ミリ程度の短い毛だって脱毛可能です。
 
なぜシュガーリングが短い毛も取れていいのかというと、
正常な若年層の肌のターンオーバーである28日を空けなくても施術ができる
からいいんです。
間を空けてないということは毛がまだ短い、でも短くても取れるよ、ということで「短い毛も取れる」と言っているんです。
 
ブラジリアンワックスは強い粘着力で、毛だけでなく肌の大事な角質まで取ってしまうことが多いため、新しいお肌が内側から押し上げられて、肌表面の角質が不要な垢になるまでの期間は空けないと、必要な角質まで取ってしまい肌が弱くなったり敏感肌に傾いたりします。
ブラジリアンワックスはピーリングに近い行為なので、自身の代謝期間以上短く行うのは向いていません。
 
それに比べてシュガーリングは強い粘着力がなく、必要な角質まで取ることはないため、正常な肌のターンオーバーといわれている28日を空けることなく、次の施術が可能です。
 
正常なターンオーバーがなされていない時は、いつまでも古い角質が滞在しているとそれも肌トラブルになるので、初めてで一回だけ、という場合や、たまにやるだけなら百歩譲ってブラジリアンワックスでもまだいいと思いますが、一度でも肌はいたわって脱毛したい、定期的に脱毛したい、というなら断然シュガーリングです。
 
 
ただ「短い毛が取れる」という単純な理由でシュガーリングがいいのではありません。
様々な理由でブラジリアンワックスよりお勧めできるからシュガーリングがいいのです。
 
正しい知識のシュガーリングサロンで、ぜひ素晴らしいシュガーリングを体験してくださいね

光減毛機械修理完了&お得な光セット用意しました♪



先日、光減毛の機械が故障してしまいまして、施術をご希望のお客様には大変ご迷惑をおかけしてしまいましたsweat01

シュガーリングやブラジリアンワックスのあと、光を当てたかったお客様にお詫びとして

通常価格よりお得な価格を期間限定でご用意しました♡shine

ウェブ予約から「【光減毛機械修理完了クーポン♪】肌に優しく毛を減らしたい♪女性ブラジリアンワックス(VIOワックス)&光減毛 15120円→14040円」をお選びください♪
ブラジリアンワックスでなく、シュガーリングをご希望の場合はオプションからシュガーリングをお選びください。
リピーターの方もお久しぶりの方もお得な価格になっています♪

また、火曜日はシュガーリングだけでもかなりお得です!
なんと全部位30%オフ!!!
背中のシュガーリングなら上部6000円が4200円+税に、2ヶ月以内のブラジリアンシュガーリングリピートなら4200円+税、1ヶ月以内のリピートなら、なんと3850円+税でシュガーリングが受けられちゃいます♡

まだまだ経験の浅いシュガーリストの施術ですが、先輩シュガーリストが確認しながら施術を進めていきますので、トラブルの心配もありません♪
火曜日の少ない時間ですので、時間が合えばラッキー♪
ウェブ予約から「【火曜日限定スペシャル!】ジュニアスタッフによる女性ボディシュガーリング全部位30%OFF! 」を選択し、オプションからお好きな部位をお選びください!
当日表示価格から30%引きとなります

これから脚や脇など露出を控えて毛を伸ばせる時期になります。
カミソリ処理をおやすみして、何度かシュガーリング脱毛にしておけば、肌トラブルも減るし肌のザラザラ感もかなり解消されます!
この機会に、お得にシュガーリングをお試しくださいheart01shine

シュガーリングはなぜお肌に優しい脱毛なの?

 
シュガーリングは、ブラジリアンワックスに比べてお肌に優しい脱毛です。
 
ブラジリアンワックスは松ヤニやロジンなどの、粘着性の高い成分を使用することで、細い産毛まで脱毛出来るようになっています。
その粘着性のおかげで細かい産毛まで取れるようになりましたが、粘着性が強すぎて、肌の角質を取りすぎるというデメリットも生まれました。
 
最初は、「古い角質も取れてお肌ツルツル!」などともてはやされていましたが、定期的なブラジリアンワックスを続けるにつれて、埋もれ毛や肌の乾燥、ゴワつきが気になるようになった方もいるのではないでしょうか。
 
古い角質がいつまでも肌表面に滞留しているのはよくないことですが、すでに正常な新陳代謝で生まれ変わっている新しい角質を無理に剥がし続けることで、敏感肌に傾く恐れもあります。
 
ブラジリアンワックスは、一時的な脱毛には適していましたが、定期的な脱毛には強力すぎたのです。
 
そこで誕生した(見直された?)のがシュガーリングです。
(見直された、の意味は前記事「シュガーリングは実は新しい脱毛法ではありません」をご覧ください)
 
シュガーリングは、シュガーペーストの「温度が高くなると柔らかくなる」という原理を利用したユニークな脱毛法もさることながら、砂糖自体の持つ力が大きな魅力といえます。
 
 
砂糖は、甘いもの、太る、ダイエットの敵、などと悪者にされがちですが、高い保水性、抗菌作用、防腐効果が認められています。
その高い保水性により、細菌から水分を奪って殺し、傷をも殺菌すると言われています。
砂糖に触れた肌は保湿され、抗菌されるほか、シュガーペースト自体も防腐剤を入れることなく腐ることはありません。
 
私たちはそんな優秀な砂糖が主成分であるシュガーペーストを使って脱毛していますが、シュガーリング後のお肌がしっとりサラサラで、ダメージを受けていないように思えるのは、実はお砂糖自体の持つ力の恩恵であるとも言えます。
 
そんな優秀なシュガーペーストを正しく扱うことで、初めて切れ毛や埋もれ毛の少ないシュガーリングが成立するのです。
 
流行ってるからシュガーリング?」でも言いましたが、
砂糖本来の保湿力や治癒能力がきちんと活かされた、正しいシュガーリング
が広まってくれることを、切に願うばかりです。
 
 
さて。
あなたはまだ、ブラジリアンワックス?目

シュガーリングは実は新しい脱毛法ではありません



ブラジリアンワックスと似て非なる新しい脱毛法
 
 
と、シュガーリングをいつも紹介していますが。
 
 
実はシュガーリングは新しい脱毛法ではありません
 
 
 
シュガーリングの歴史は深く、古くはメソポタミア文明まで遡ります。
クレオパトラが「顔から下の毛は全てないのが貴族の印だ」として、砂糖を煮詰めたものなどで脱毛・除毛をしていたという文献が残っています(シュガーリングの発祥は諸説ありますが)。
 
 
ですので、シュガーリングは新しいどころか、
 
使い古された古い脱毛法
 
とも言えるのです。
 
 
ブラジリアンワックスをやっている人たちからすれば
 
 
は? 今さらメソポタミア文明の脱毛法引っ張り出してきて、何を偉そうにしてるのかなシュガーちゃん!?
 
 
なーんてお怒りもごもっともなわけです。
 
 
シュガーリングは、今でこそアメリカやヨーロッパで新しく生まれ変わり、さもブラジリアンワックスの後継であるかのようにブランディングされてますが、実はブラジリアンワックスの方が新しい脱毛法なのです。
 
あらゆる科学者や研究者の、たくさんの発見と経験をもとに発展し続けた美容を駆使したのがブラジリアンワックスだとすると、シュガーリングは、その最先端や科学を一周回って原点に返った脱毛法といえます。
 
 
砂糖と水とレモンという、なんの変哲も無い材料だけで作られた、最もシンプルでナチュラルな脱毛であるシュガーリングと、最先端の科学を駆使して作られたブラジリアンワックス。
 
 
さて、あなたはどちらを選びますか?