HOME > ブログ > シュガーリングがブラジリアンワックスより痛くない、と私は思いません

ブログ

< デリケートゾーンの蒸れやかゆみにアルジタルのニアウリクリーム!  |  一覧へ戻る  |  ボディカラーリングをするとき、元の肌の色は関係ありますか? >

シュガーリングがブラジリアンワックスより痛くない、と私は思いません

よくシュガーリングの特徴に

 

「ブラジリアンワックスより痛くありません!」と書いている人を見ますが、個人的には

 

シュガーリングがブラジリアンワックスより痛くないとは思いません。

 

 

確かにシュガーリングはブラジリアンワックスより角質を取りすぎず、肌に優しい脱毛であるといえます。

さらに脱毛剤が熱くないので、施術後の肌の赤みが少なくヒリヒリ感もブラジリアンワックスに比べて軽減されています。

 

しかし、当サロンではブラジリアンワックスでも、毛を抜かれる以外の痛みは最小限抑えていると自負しています

 

しかしながら、どうしても避けられないワックスの熱さ、その熱による肌へのダメージは抑えられません。

そして、長期的に見るとワックスは角質を取りすぎてしまうなど、総合的な評価でシュガーリングを薦めています。

 

決してその日の施術の痛みが断然抑えられるからシュガーリングを薦めているわけではありません。

 

もちろん、シュガーリングのほうが痛くないという意見もあります。

実際、私もブラジリアンワックスの熱さが苦手なので、シュガーリングのほうが痛くないと感じるほうです。

ただ、ブラジリアンワックスに比べてシュガーリングが無痛なわけではありません

 

少しでも痛みから解放されたい、と望むなら、ブラジリアンワックス・シュガーリング関わらずたっぷり睡眠を取った、生理後の万全な体調のときに施術を受けましょう

ブラジリアンワックスでもシュガーリングでも、なるべく痛みが少ないよう施術を心がけていますので、リラックスしてお越しください。

(リラックスも、痛みを軽減する大事なことのひとつです)

 

何かお悩みのことがございましたら、お気軽にスタッフにご相談ください。
プロフェッショナルたちが、皆様のご来店をお待ちしておりますキラキラ​​​​​​​

 

この記事を書いた人:Kumiko Nagatsuma


東京のブラジリアンワックスサロンGUAPA WAX(グアパワックス)スタッフKUMIKO

 

小さなころから絵を描くことと本を読むことが大好きで、将来は画家になりたいと思っていた見た目にそぐわぬインドア派。ふとしたきっかけから「ボディアート」に興味を持ち、エアブラシの使い方を学ぶうちに本物のタトゥーを隠せる「タトゥーカバー」の技術を知り、サロンのメニューに取り入れる。今では新聞の取材が来るほどの実力派に。ボディカラーリング(スプレータンニング)が大好きなので、年中色が黒いのが特徴。

グアパワックス公式HP:http://www.guapawax.com/


< デリケートゾーンの蒸れやかゆみにアルジタルのニアウリクリーム!  |  一覧へ戻る  |  ボディカラーリングをするとき、元の肌の色は関係ありますか? >

このページのトップへ