HOME > ブログ > アーカイブ > 痛くない、熱くない光減毛

ブログ 痛くない、熱くない光減毛

ブラジリアンワックス脱毛と光脱毛やレーザー脱毛の違い

ブラジリアンワックスと光脱毛、レーザー脱毛の違い

こんにちは! スタッフくみこですウインク

 

当サロンでは、ブラジリアンワックスと一緒にできる光減毛というメニューがあります。

一般的な「黒いものに反応して毛根を焼く」という理論の光脱毛やレーザー脱毛は、施術前に事前にカミソリなどで処理していかなければならないので、当サロンのブラジリアンワックスと併用できる、というのは実は結構画期的なのです。

 

一般的に呼ばれている「脱毛」(昔は永久脱毛なんて呼ばれていたものですね)と、ワックス脱毛の違いがよく分かっていない方が意外と多いので、違いを説明しますね。

 

 

ブラジリアンワックスは毛の長さが必要なので、5ミリ程度伸ばさなければいけませんが、その代わりカミソリなどと違って1週間程度はツルツルでいられるし、生えてきたときのチクチクも少ないのが特徴です。

1週間程度すぎるとちょっとずつ生えてきて、3ヶ月ほどで元の毛量に戻ると言われています。

 

対する一般的な光脱毛やレーザー脱毛は、施術する前にカミソリなどで処理する必要があり、カミソリで肌を傷めたり生え始めのチクチクを味わわなければいけませんが、数ヶ月に一度、1年から3年程度で毛が少なくなったのを実感できると言われています。

ただし、色素の濃いところや日焼けした箇所は火傷してしまうので施術できず、また毛根に黒いものがないといけませんので、毛根から毛を抜いてしまうブラジリアンワックスとの併用はできません。

 

 

ブラジリアンワックスの説明をすると、やったことない方からよく「また生えてきちゃうのになんでそんな痛い思いしてまでやるの?」なんて言われます。

 

ここで欧米人と日本人の毛の違いとか、気分が乗ってれば説明してあげるんですが(超上から目線)、基本的には「そうですね〜なんでですかね〜」とか言ってます。

 

 

興味ない人には絶対分からないんですよ。ブラジリアンワックスの良さって。

 

かれこれ7年近く、散々ブラジリアンワックスの良さを説明しまくってきた私が断言します。

説明しまくってきて出た答えがこれ。

 

まずはやってください。

 

以上。

 

 

そしてブラジリアンワックスの良さを知って、

「このツルツルの感じがもっと長く続けばな〜」とか、

「ブラジリアンワックスしながらちょっと毛が薄くなったりしたらいいのにな〜」とか思ったら、当サロンの光減毛の登場です。

 

ブラジリアンワックスのあとに、熱くない光をピッピッと当てます。

アンダーヘアで15分くらい。

 

ブラジリアンワックスだけだと1週間くらいしたら生えてきちゃう毛が、1週間経っても「あれ、生えてこないな〜…?」となります。

ゆるやかな発毛になりますので、引き続き当て続けると、密度が薄くなって、生えてこない期間がどんどん長くなります。

 

 

レーザー脱毛のようなツルッツルのような仕上がりではなく、

まるで元から薄い人みたいになれます。

 

 

詐欺です。笑

 

男性の脚なんかも、ボーボーから薄めの感じにしたら、ツルツルではないけど濃くもない、ちょうどいい感じになれそうですよねキラキラ

 

 

ワックス脱毛×光減毛、ぜひ一度お試しあれルンルン

 

この記事を書いた人:Kumiko Nagatsuma

東京のブラジリアンワックスサロンGUAPA WAX(グアパワックス)スタッフKUMIKO

 

小さなころから絵を描くことと本を読むことが大好きで、将来は画家になりたいと思っていた見た目にそぐわぬインドア派。ふとしたきっかけから、本物そっくりのタトゥーがエアブラシで描ける「ボディアート」に興味を持ち、エアブラシの使い方を学ぶうちに本物のタトゥーを隠せる「タトゥーカバー」の技術を知り、サロンのメニューに取り入れる。今では新聞の取材が来るほどの実力派に。ボディカラーリング(スプレータンニング)が大好きなので、年中色が黒いのが特徴。
グアパワックス公式HP:http://www.guapawax.com/


光減毛は美肌効果も期待できます♪

ツルツルお肌に、ブラジリアンワックス

一般的なエステでは主に光脱毛によって脱毛をしますが、この光脱毛は熱い光をカメラのフラッシュのように照射することで毛根を刺激して毛が抜けていくしくみです。
この光脱毛は一度では完全に脱毛することはできず、複数回通って、その度に熱い光にあたることになるため、肌トラブルが起こることもあります。

高熱による痛みや赤み、色素新着や肌が弱い人だと水ぶくれや火傷のようになってしまうこともあります。
せっかくツルツルの肌を目指して脱毛をしたのに、肌トラブルになってしまっては意味がありませんよね。

そんな方にもおすすめなのが“光減毛”です。

光減毛は光脱毛の一種ですが、大きく違うところは照射する光の温度です。
グアパワックスの光減毛の光の温度は約38度で、一般的な光脱毛の温度をはるかに下回ります。

38度というと、ほとんど体温と同じ温度のため、「熱い」「痛い」といったつらい感覚は全くありません。
いまある毛には当てず、今後生えるであろう発毛因子に働きかけ発毛をおさえます。

38度の光のため、火傷や水ぶくれなどにもなりづらく、肌トラブルも少ないだけでなく、むしろ美肌効果を期待できるのも特徴です。

 

さらにグアパワックスの光減毛は、特殊な光線をあてるため、コラーゲンを活性化させる働きもあり、脱毛しながら肌がツヤツヤになることも期待できます。
フォトフェイシャルと同じ作用があるといわれており、自己処理で荒れた肌などもきれいにしてくれるトリートメント効果もあるため、クールダウンの必要もない快適な美肌脱毛です。

いままでの「熱い」「痛い」「つらい」といった脱毛からは卒業して、グアパワックスの光減毛でツルツルの美肌を手に入れましょう。
ブラジリアンワックスとの併用も可能です。

興味のある方は是非、お気軽にご連絡ください♪


光減毛と光脱毛の違い

光脱毛とワックス脱毛どっちがいい?

「脱毛」と一言で言っても、脱毛には様々な種類があります。
一般的に「脱毛しています」というと、光脱毛やレーザー脱毛などの「永久脱毛」を思い浮かべる方が多いかと思います。
 

光脱毛とは光を照射して、その光のエネルギーを利用して、毛根を刺激して脱毛していきます。
光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、肌への負担や痛みが少ないという特徴があります。

毛が生えてくる成長期に行うため、2~3か月に1回程度の間隔で施術する必要があります。
これを約1~2年繰り返し、施術が完了します。

レーザー脱毛との違いは、レーザーが単一波長のレーザーを使っていることに対して、光脱毛は複数波長の光の中から有害な光を除いた波長の長い光を使って脱毛しています。

 

グアパワックスの光脱毛は、脱毛といっても"光減毛"の部類に入ります。
この光減毛はいままでの高熱で毛根を破壊する脱毛方法ではなく、肌にも安心なトラブルの少ない方法です。

光減毛のしくみとしては、すでに生えている毛に対しては全く手を加えずに、これから生えてくると思われる新しい毛の素である発毛因子に、38度という体温に近い温度の照射を施して、毛の再生を抑える方法です。

この光減毛には、さまざまなメリットがあります。

グアパワックスの光減毛の特徴としては、体温に近い38度という温度の照射のため、熱さもなく痛みも格段に減り、それまで問題になっていた火傷や「赤みが引かない」「時間が経つとかゆくなってきた」といった肌トラブルなどや、肌への負担も少なくなりました。

また、色素沈着のある肌や色が黒い方でも安心にご利用いただけるのも特徴です。
高温での光脱毛ではないため、それまでは必須だったクールダウンも必要ありません。
さらに、ワックス脱毛との併用も可能です。

しかも、この光線はトリートメント効果もあるため"美肌脱毛"とも呼ばれています。

いままでの「熱い」「痛い」「つらい」といった脱毛からは卒業して、グアパワックスの光減毛でツルツルの美肌を手に入れましょう。


1

« 日焼けせずに小麦肌、ボディカラーリング | メインページ | アーカイブ | サロンの販売商品 »

このページのトップへ